わきがでお悩みの方に朗報!最新治療ビューホット

わきが治療の最も新しい技術と言われている「ビューホット」をご存知ですか?ビューホットは2014年より日本に導入された最新のワキガ治療法です。メスを入れずにわきがや、汗の原因となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を熱によって破壊していく方法です。
具体的にどのような方法かというと、極細の針を刺入して、針から高周波照射させて、最大78度の熱で腺組織だけを凝縮させ、破壊して機能を失わせます。
皮膚表面はクーリングをし、皮下だけに照射するので、ミラドライよりもさらに副作用が小さいことが期待できます。

では、ビューホットにはどのようなメリットがあるのか紹介していきたいと思います。
○メスを使わないので、術後の傷跡の心配がなく治療が受けられます。
○片脇10分程度と施術時間が短い。ダウンタイムもほとんど無く入浴以外は通常どおりの生活が可能です。
○麻酔で眠っている間に治療が終了するために、ほとんど痛みを感じる心配がありません。
○再発の可能性が低く、一度の治療で95%、2度の施術だと98%の効果があると言われています。
○皮膚への副作用が少なく、火傷などの心配もありません。

次にビューホットのデメリットはどんなものか見ていきたいと思います。
○針を刺した箇所がしばらくのあいだ色素沈着することもあります。しかし、通常の傷と同じ様に時間の経過とともに回復していきます。
○保険が利かないので、費用が高額になりやすい。一度の施術の平均金額は30万円ほど。

今まで切開が強かったり、ダウンタイムをとる時間的な余裕が無く治療を躊躇していた方にはとてもおすすめの方法です。再発率も少ないので、お悩みの方はクリニックを探して治療を検討してみるのも良いですね。